HIV検査をして安心して子供を見守る母親

日本ではHIV検査をする割合が欧米と比べると少ないと言われています。HIVの予備知識がないまま感染する人が年々増えているので、関心と予防の知識を持ち未来の子供に笑顔を!

HIV検査で子供が感染してしまったら

母親から子へ感染する垂直感染は、防止方法が確立してますが、それでも感染確率が0%というわけではありません。例えば帝王切開での出産でも、0.45%の確率で垂直感染はあります。自然分娩だと20%ほどは垂直感染してしまいます。出産から48時間以内に新生児の検査をしますが、それで陰性だったからと言って感染がなかったとは確定できません。1歳6か月の段階で検査し、そこで陰性だったら初めて感染がなかったことが確定します。子どもへの感染は、確率は低いものの起こり得ることではあります。しかし、HIV検査で見つかったということは、ある意味幸運です。感染に気づかずにある日突然エイズを発症する、いきなりエイズになるような事態は防げるからです。感染がわかったら、すぐ抗HIV薬の服用を開始します。この薬を一生飲み続けることになりますが、飲んでさえいれば、普通に生活して寿命をまっとうできるようになっています。残念ながら、HIVウィルスを完全に消滅させるような薬はまだ開発されていません。しかし、つい30年ほど前まで、HIVウィルスへの感染は、20年から30年後には確実に死に至ることを意味しました。治療法はなく、致命的な病であったわけです。それからわずか30年程度で、死に至ることはなくなるくらいにまで、治療法が確立してきたわけですから、この分野における医学の進歩は特にめざましと言えます。もう少ししたら、完治できる薬が開発されるかもしれません。現段階でも、死滅させることはできないまでも、検出限界値以下まで、ウィルスの数を減らすことはできるようになっています。抗HIV薬を欠かさず服用し、免疫細胞の破壊を極力抑えて、新薬の完成を待つことです。また、他にも胎児へ影響がある性感染症にはトリコモナス症がありますがトリコモナス症の症状を抑制する薬も開発されています。それにはメトロニダゾールという成分が配合されており、メトロニダゾールはトリコモナスの原虫を駆除する働きをします。メトロニダゾールはフラジールという医薬品に配合されており、フラジールはネットの通販を利用することで購入することができます。また、ヘルペスも感染と再発がしやすい病気です。特に薬の服用を途中でやめるなどの中途半端な治療を行うと再発を繰り返してしまうので、安全性が高いゾビラックスなどをしっかり最後まで服用して、再発を防止しましょう。性病で病院に行きたくないと感じる方もいるかと思いますが、そんな方にはこのネットを利用する購入方法を試していただきたいです。日本で最も多い性病はクラミジア感染症です。もしかかってしまった時はクラミジアはジスロマックで治療しましょう。感染に気付かずまた次から次へと感染者を増やさないためにも早急に治療することが大切です。

■HIV検査を受けに病院に行くのが、恥ずかしければ自宅で検査しましょう
HIV検査は自宅でできます