HIV検査をして安心して子供を見守る母親

日本ではHIV検査をする割合が欧米と比べると少ないと言われています。HIVの予備知識がないまま感染する人が年々増えているので、関心と予防の知識を持ち未来の子供に笑顔を!

無性病の彼氏がいてもHIV検査は受けるべき

彼氏としか性行為をしていないのにかかわらず、性器や口のまわりにヘルペスを発症するなどの性病に罹患したことがわかったときは、彼氏から性病をうつされたと考えるのは当然です。その場合、彼氏もすでに性病に罹患していて発症している恐れがありますから、早めにクリニックで受診し、治療を受けることが必要です。ただ、性病は感染していても発症するまである程度の潜伏期間があるので、自覚症状がないことがあります。性病の中でも1番罹患率が多い、クラミジアは、女性の80パーセントと男性の50パーセントが罹患していうにも関わらず、自覚症状がないことがわかっています。彼氏に性病に感染したからと話しをしても、彼氏は自分は無性病で関係ないと言って本当に自覚していない場合もありますが、知らないふりをしている可能性があります。性病を軽く考える人は少なくなく、発症して治療を受けずに放置しておくと、尿道炎になったり、女性であれば子宮内膜症や不妊症を発症するなど、多大な影響が出る可能性があります。また、性病に感染した場合、エイズウィルスなどのウィルスが2倍~5倍、感染しやすい体調になっていることがわかっています。エイズウィルスも発症するまでは自覚症状がないので、感染していることに気付いていない人が少なくありません。彼氏から性病をうつされたのであれば、エイズウィルスもうつされた可能性は捨てきれませんから、HIV検査を受ける必要があります。ウィルスを保持していれば、体力や免疫力が低下したときに突然発症する恐れがありますから、HIV検査を受けて自分が感染しているのかどうかを自覚する必要があります。HIVの病気の進行をおくらせる薬がありますから、早めの検査が必要です。