HIV検査をして安心して子供を見守る母親

日本ではHIV検査をする割合が欧米と比べると少ないと言われています。HIVの予備知識がないまま感染する人が年々増えているので、関心と予防の知識を持ち未来の子供に笑顔を!

将来、子供のためのHIV検査!の2016年11月記事一覧

  • 感染は傷口や粘膜から、食欲不振ならHIV検査

     HIVウィルスの感染経路は限られています。空気感染はしませんし、皮膚からはウィルスは侵入できません。ウィルスが侵入するのは、傷口や粘膜からです。ウィルスは、ヒトの体内でしか生存できません。空気や水に触れたら死滅します。…続きを読む