HIV検査をして安心して子供を見守る母親

日本ではHIV検査をする割合が欧米と比べると少ないと言われています。HIVの予備知識がないまま感染する人が年々増えているので、関心と予防の知識を持ち未来の子供に笑顔を!

HIV検査に関する食事の影響

HIV検査をする際に、食事の内容を気にする必要はありません。ウィルスへの抗体検査ですから食事内容は関係しません。インフルエンザウィルスへの感染を調べるときも、食事内容は関係しませんし、食事は影響しないので、どんな食事内容が続いていたとしても気にせず、感染機会があった日からひと月経過していたら、すぐ検査を受けることです。個人差はありますが、ひと月後に陽性となる場合がありますので、ひと月後に検査を受けることは無駄ではありません。しかし、感染の有無が確定できるのは、感染機会があった日から3か月経過した後となりますので、ひと月後に陰性となっても、3か月後にもう一度検査をする必要があります。もし感染していたとしたら、HIVウィルスは免疫細胞を次々と破壊していきますから、免疫が落ちるような生活はしないでいることが、よりいっそう大事となります。感染の有無がわからない時期でも、感染の可能性があると認識したら、万が一に備えて栄養豊富な食事をし続けるべきではあるでしょう。ただ、栄養だけでHIVウィルスの活動を抑え込むのは無理ですので、感染の事実をできるだけ早く知って、一刻も早く抗HIV薬を服用することが必要です。医学の進歩によって、不治の病とされたエイズは、必ずしも死に至る病ではなくなってきています。エイズを発症する前に、早い段階で抗HIV薬を服用し始めれば、普通に生活して天寿をまっとうすることも可能となっています。まだHIVウィルスを死滅させることはできませんが、検出できないほど、ウィルスの数を減らすことは可能です。わずか30年ほどで、HIIVに対する治療はここまで進歩したわけですから、死滅させる新薬が出る可能性は高いでしょう。